お悩み相談コーナー

ドロップチューニングをするとネックが曲がるって本当?

ドロップチューニングをするとネックが曲がるって本当?

今回はお悩み相談に寄せられた質問に答えていきましょう!

過去の質問はこちらからどうぞ。

それでは回答していきましょう。

質問

ではさっそくいただいたご質問を紹介します!

こんにちは、ラウドが好きです。
普通のロングスケールのギターにドロップcチューニングをするとネックが曲がると聞いたことがあるんですがそれは本当でしょうか?
また、そのネックの曲がりはトラスロッドで調整できるんでしょうか?

一部抜粋・省略しています。

回答

結論から言いますと、

そんなことではギターのネックは曲がりません!

ネックが曲がるというのは「反り」のことですね。
ネックの反りについて少し説明しましょう。

ネックは反り方に2種類あります。

  • 弦の張力方向に曲がる順反り
  • 逆方向に曲がる逆反り

の2種類です。

ドロップチューニングをするとネックが曲がるって本当? - ネックの反り方

図1 ネックの反り方

ギターの弦の張力は1弦から6弦までの全弦合わせておよそ40kgほどあります。

しかし、40kgの張力に逆らい逆反りするほど、ネックの木材の動く力というのは強力なものです。

そんな強力な力を持ったネックですから、ドロップCチューニングをしたくらいでは全くネックに問題はありません
安心してダウンチューニングを楽しみましょう!

また、ネックの反りはトラスロッドで調整はできますのでご安心ください。

しかし、ダウンチューニングでの注意点がひとつだけあります。
弦のゲージとナット溝の一致です。

ダウンチューニングをするということは、ゲージの太いヘヴィゲージ弦を張ることになるでしょう。

しかし、メーカーによってはナット溝をヘヴィゲージ用に掘られていないものがあります。

その為、ナットにしっかりと弦が入らずにナットの上で弦が浮いてしまう可能性があります。

ドロップチューニングをするとネックが曲がるって本当? - 弦のゲージとナット溝

図2 弦のゲージとナット溝

このような場合は、新たに溝を掘り直さなければならない為、購入時に確認するようにしましょう。

フロイドローズなどロックナットの場合
フロイドローズなどロックナットについては、十分に溝が深く掘られている為、気にする必要はありません。

ドロップチューニングをするとネックが曲がるって本当? - ロックナット

図3 ロックナット

しかし、今回の場合はロングスケールでドロップCとのことなので、そこまで太いゲージを張る事はないでしょう。

通常の6弦ギターでドロップAチューニングなどをするとなったら注意しなければなりませんが、今回はナット溝を気にせずに新たなギターを購入しても問題ありません。

ご質問を募集しています!

小さな悩み、大きな悩みなどに関わらず、気楽にご質問ください。

あたなのご質問で誰かの悩みも解消されるかもしれません!

ご質問はこちらから!

ご質問を募集しています!


お悩み相談コーナーと題し、いただいたギターに関するご質問に回答するコーナーがあります。
小さな悩み、大きな悩みなどに関わらず、気楽にご質問ください。
あたなのご質問で誰かの悩みも解消されるかもしれません!

ご質問お待ちしてます!

質問する