音楽理論

オンコード

オンコード

今回の記事はギタリスト苦手の「オンコード」です!

ギターだと押さえ難くなるので嫌われがちなオンコードですが、コードの機能を決める重要な役割を持っています。

オンコードの仕組みと重要な頻出パターンをチェックしていきましょう!

オンコードとは

オンコードとは「C/E」や「ConE」と表記されているコードのことを指します。
「C/E」は分数にも見えるので分数コードとも呼ばれます。

この表記はどう意味かというと、左側(分子)はコード、右側(分母)はベース音を意味します。

オンコード - オンコードとは

図1 オンコードとは

つまり「C/E」とは「Cというコードを鳴らしながら最低音をEにする」という意味です。

オンコード - オンコードの構成音

図2 オンコードの構成音

使用例

ではオンコードはどのようなシチュエーションで使用されるのか、頻出の使用例を見ていきましょう。

ルートモーションを滑らかにする

オンコードは、コード進行の中でのルートの動きを滑らかにする時に使用されます。

どういうことか、まずは次の譜面をご覧ください。

オンコード - カノン進行

図3 カノン進行


これはよくあるカノン進行です。
これを、コードそのものは変えずにオンコードを使用すると以下のように変えることができます。

オンコード - 図4 オンコードを使用したカノン進行

図4 オンコードを使用したカノン進行

コード進行そのものは変わっていませんが、オンコードを使用する事によりベースラインに変化が出ています。
コードの最低音がC→B→A→G→F→Eとどんどん下がっているのがわかるでしょう。

音源を聴いて、印象が変わったと思いませんか?
今回の場合はコードの構成音をベース音に持ってきているのでコード自体は変わっていません。

このようにコード自体は変わらずとも、コード進行に変化を与える事ができるのがオンコードです。

クリシェ

クリシェとはコードが進むごとに半音ずつベース音が下がっていく進行のことをいいます。
代表的なクリシェのパターンを見てみましょう。

オンコード - メジャークリシェ

図5 メジャークリシェ

このように半音進行するクリシェでもオンコードが使われます。

IV/V(IIm/V)

サブドミナントであるIVに、Vをベース音として足したオンコードで、IImでも同様です。
Key=Cでみた場合、F/G、Dm/Gですね。

今まで見てきたオンコードは、分子のコードの構成音がベース音になっていましたが、これは構成音以外がベース音になっている頻出パターンです。

IV/Vの対処法としては、「IV/V=V7sus4」と捉えましょう。
なぜそうなるのか、F/Gを例にみていきましょう。

F△7の構成音はF, A, C, Eになります。
これにベース音であるGが追加されるので下図のようになります。

オンコード - F△7/Gの構成音

図6 F△7/Gの構成音

これをベース音であるGをルートとして考えると下図のような音程になります。

オンコード - G7sus4(9, 13)

図7 G7sus4(9, 13)

このように、F/GはGsus4と同様の働きを持つコードになります。
ちなみにDm7/Gでも同様です。

そのためSD/VはVsus4と覚えるようにしましょう。

まとめ

慣れるまでは複雑に思えて敬遠しがちなオンコードですが、パターンがある程度決まっています。
多くのコード進行をアナライズすることによって定番のオンコードにどんどん慣れていきましょう!

ご質問を募集しています!


お悩み相談コーナーと題し、いただいたギターに関するご質問に回答するコーナーがあります。
小さな悩み、大きな悩みなどに関わらず、気楽にご質問ください。
あたなのご質問で誰かの悩みも解消されるかもしれません!

ご質問お待ちしてます!

質問する