音楽理論

ハーモニックマイナースケール

ハーモニックマイナースケール

マイナースケールとは基本的には3種類存在しています。

  • ナチュラルマイナースケール
  • ハーモニックマイナースケール
  • メロディックマイナースケール

今回の記事では2番目のハーモニックマイナーについて解説していきましょう。

ナチュラルマイナースケールに関しては下記記事をご覧ください。

ナチュラルマイナースケール
ナチュラルマイナースケールスケールは数多くありますが、つまるところ結局は2つに分けることができます。 明るい「メジャー系」か、暗い「マイナー系」の2つです。...

ハーモニックマイナースケールとは

ハーモニックマイナースケールは日本語だと和声的短音階といいます。

ハーモニックマイナーを見る前にまずナチュラルマイナースケールの音程を改めて確認していきましょう。

ナチュラルマイナースケールは「全音・半音・全音・全音・半音・全音・全音」で構成されています。
P1・M2・m3・P4・P5・m6・m7」という音程になりますね。

このナチュラルマイナースケールに対して、ハーモニックマイナースケールは七音目が半音上がってM7になっています。

ハーモニックマイナースケール - ハーモニックマイナーの音程

図1 ハーモニックマイナーの音程

ハーモニックとは1.5音のことで、m6とM7の間が1.5音(増二度)になっています。
ハーモニックが含まれるマイナースケールなので、ハーモニックマイナーということですね。

ハーモニックメジャー

あまり出てくるスケールではないですが、ハーモニックメジャーというコードも存在します。
ハーモニックが含まれるメジャーコードで、メジャースケールの第六音が半音下がったスケールです。

ハーモニックマイナースケールは、イングヴェイ・マルムスティーンをはじめとしたクラシカルなフレーズを弾くギタリストに好まれて使用されています。

ハーモニックマイナーパーフェクトフィフスビロウ

ハーモニックマイナー自体ももちろん大事なのですが、ハーモニックマイナー関連で一番重要なのは、ハーモニックマイナーのモードの中の、とあるスケールです。

それが、ハーモニックマイナーの5番目のモードであるハーモニックマイナーパーフェクトフィフスビロウというスケールです。

ハーモニックマイナースケール - ハーモニックマイナーパーフェクトフィフスビロウの音程

図2 ハーモニックマイナーパーフェクトフィフスビロウの音程

名前が長すぎですよね。笑
英語で書くとHarmonic minor perfect 5th belowと書きます。

意味は、「完全五度下にハーモニックマイナーがあるスケール」という意味です。

この表記は長すぎるので「hmp5b」や「hmp5↓」と表記されることが多いですね。

構成音程は「R m2 M3 P4 P5 m6 m7」となります。

フリジアンドミナント

この長ったらしい名前ですが、実は和製英語です。

海外ではフリジアンドミナントという名前が一般的です。

英語圏ではhmp5bは通じないので注意しましょう。

このスケールはM3とm7を含んでいるのでドミナント上で使えるスケールです。
しかし全てのドミナント上で使用できるわけではなく、このスケールはマイナーコードで解決するドミナント上で使用できます。

ハーモニックマイナースケール - hmp5bの使用例

図3 hmp5bの使用例

これは特にマイナートニックであるVImに解決するIII7で多く使用されます。

III7はセカンダリードミナントの中でここで頻出なので使用してあげると良いですね。

ドミナントモーションに関しては下記記事も参考にしてください。

ドミナントモーションの基本
ドミナントモーションの基本今回の記事のテーマはドミナントモーションです。 音楽理論の本当に基本的な部分ではありますが、理論の中でも一番と言っていいほど大事な項目...

まとめ

ハーモニックマイナーを知っている人は多いでしょうが、実際の使用頻度で言えば圧倒的にhmp5bの方が多いです。

ハーモニックマイナーだけではなくhmp5bもしっかり使えるようにしていきましょう!

ご質問を募集しています!


お悩み相談コーナーと題し、いただいたギターに関するご質問に回答するコーナーがあります。
小さな悩み、大きな悩みなどに関わらず、気楽にご質問ください。
あたなのご質問で誰かの悩みも解消されるかもしれません!

ご質問お待ちしてます!

質問する